Browser, Google Chrome, Internet, World Wide Web

Google Chrome 真っ黒画面!

Google Chrome Canary 77.0.3832.0(Official Build)(64 ビット)の画面が真っ黒になった。長い間使っているが、β版ということもあり頻繁にアップデートが繰り返されてて、この症状ははじめてのこと。

Chrome の再起動を行ったがダメ。キャシュをクリアーしたがダメ。システムの再起動もダメ。ローカルでサーバーを立ち上げているのでその関連かと思いサーバーを切ったり再起動したがダメ。

Google Chrome 75.0.3770.100(Official Build)(64 ビット)や Firefox では問題なく接続できる。つまり Canary β version の問題に限定していい。

検索していると、@whitecloud.consulting 氏の「Chromeの画面が真っ黒になる問題が発生して困った」(Facebook)があったので試してみた。「Google Chrome black screen solution」を引いていて、そこには以下の引数を付けて起動することが書かれている。

 chrome.exe –disable-gpu

正常に起動した!このオプションはアクセラレーションを無効にするためらしい。”List of Chromium Command Line Switches” のこのコマンドに以下の説明がある。

Disables GPU hardware acceleration. If software renderer is not in place, then the GPU process won’t launch.

起動後、「設定」-「詳細設定」-「システム」-「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をオフにした。

ヘッドレスモードがどうとかと、なにかかなり奥が深そうですが私にはわからないので、起動したのでここまでにします。興味のある方は

chrome ––headless ––disable-gpu

などで検索すると出てきます。